無料ブログはココログ

2012年11月18日 (日)

そろそろ秋も終わりか

今日も疲れたと、湯船につかるため、蛇口をひねり、しばし待っていた。

待つ間、多少の腕立て腹筋なぞをして、時間をつぶしていた。

一日の疲れと、筋トレ後の汗と、湯船を一番欲している状態に出来上がり風呂場に向かった。

ちょっと贅沢をしようと、いつもより多めにためたその風呂釜は、

水だった。

2012年10月25日 (木)

人生初の

海外、行ってきました。

ドイツ、ベルリン。

舞台で。海外公演と言うやつです。

一週間ほど、ですけど、ちょっとでも知ったからか、

ドイツという国に愛着湧いてきました。

この機会を与えてくれた人すべてに感謝。

2011年12月 9日 (金)

ワープロ検定2級なるものを受けてきた。

文字入力、10分で500文字。

タイピングの早い人には、なんだそんなもん、

と言われてしまいそうだが、

、、、指が震えていたよ。

まるで自分の指ではないもののようだった。

別に緊張はしないな、と思っていたのに、

開始2秒で、ガッチガチ。

体は正直だ。

何もそんなに緊張しなくてもいいのに。

はたから見たらけっこう笑える状態だったはず。

でも、必死こいてキーボードを打ってきた。

500、ぎりぎりいけた。

残り時間は、30秒くらいだった。

みなおす時間はほとんどなかったから、

ミスを直せなかった。

だから、落ちてる可能性高いけど、

以前受けた時は389文字しかいかなかったから、

今回は、プレッシャーの中で、自分の持っている力は発揮できた。

良しとしよう。

前進できた気がした。

苦しい時は超えられた気がしたから、もう少し頑張ってみるかと思えた。

2011年11月20日 (日)

おや?

なんか、これ、おかしくない?

と思ったら、それは、おかしい。

                                                       

また車の教習所の話。

免許を取ろうと思った。ネットで検索した。いろんな教習所の料金をぱっと眺めた。

大体のところは、25万円前後かな。ひとつだけ、17万円。とある。

                                                      

今思えば、この段階で、気付けばよかったのだが。

そこは、「ただ今、キャンペーン中、ネットでご予約の方、5万円割引」

とあったので、スルーされてしまった。

その教習所に、電話をした。いくつか、質問をした。

そこで、はじめて、「おや?」

とは思った。

                                                        

電話対応してくれた人が、なんだか、みょうだ。

何か、違和感を感じるというか、正直、やる気を感じなかった。

こちらは、何10万もの大金をつぎ込もうとしている客であって、それぐらいのサービスをもちろん望んでいるのだが、 

それほど親切にしてくれないというか、みょうにそっけない。

こちらの質問に、言葉少なく、簡潔に答えるだけで、

「どうぞ、うちの教習所に来てください」という姿勢がなかった。

こちらの質問には、答えてくれるのだが、なんか、おや?というところが残った。

                                                     

だが、自分は、絶対、免許をとるぞ。と心に決めていた。そして、少しでも安いところを狙っていた。

その教習所の事務所まで、話を聞きに行った。

2011年11月10日 (木)

あまり知られていないが、世の中には、

「公認」の教習所と「非公認」の教習所がある。

車の免許の話。

同じ免許をとるという目的の場所なのだが、

その二つは、全く別の世界なのだ。

私は「非公認」の教習所に通っていた。

結果、免許をとれたから、良かったのだが。

                                                      

「非公認」で、免許を取るのは、、、

めちゃくちゃ難しい!!!

ホントに、難しい!!!!!!

でも、多くの人は、「公認」で、免許を取ったため、

その難しさを誰も理解してくれない。

私は、

仮免許の試験に、3回失敗した。

本免許は2回、失敗した。

つまり、仮免は4回目で合格。

本免は、3回目。

これを言うと、

「仮免とれない奴、久しぶりに見たわー」

「青木さん、そうとう運転のセンスないんじゃないですか」

20歳そこそこの女の子にも、遠いまなざしで見られてしまう。

だが、あえて言っておこう。

この数字は、普通だ。

いや、むしろ良くやったほうだ。

                                                            

なぜなら、

これは、私が、そこの教官に直接聞いたことだが、

私の通っていた「非公認」教習所は、半分ぐらいの人が、

途中で来なくなるらしい。

つまり、

私の通っていた教習所で、免許を取れる確率、

50%。

免許って、そんなに難しいものだっけ?

苦労して、仮免をとった時、その事実を聞かされ、そう思ってしまった。

免許をとるために、高いお金を払って、時間を割いて通った、半分の人が、

途中であきらめてしまうのだ。

                                                       

まず、仮免がとれん。

ほぼ100%の人が、1回は落ちる。

聞くところによると、仮免、1回で、うかる人は、

3年に一人らしい。

もはや、天才を超えた域の人じゃないとうからん、ということだ。

                                                         

中には、8回おちて、あきらめました、という人もいる。

「公認」に、通いなおす、というのだ。

                                                       

だから、私の成績は、まずまずなのだ。

だが、ここまで言っても、

「結局、青木が下手なんだろ?」

と言われてしまう。

                                                       

オウ、ノー!!!

全然、つうじなーい!!!!

それぐらい、普通に「公認」に通った人には、

未知の、理解不能の世界なのだ。

こんな身近なところに、誰にも知られていない世界が、ある。

だから、われこそは、という人は、

俺の通っていた教習所で、免許トライしてほしいよ。

全く運転経験ない人が、ゼロからその教習所で初めて、

1発で、仮免とれたら、俺は、その人を相当尊敬すると思う。

ひどい目にあっても、何の保証もできないけど。

自信のある方は、是非。

                                                       

2011年11月 9日 (水)

日記消失

ながながと、書いたが、送信できず、

消えた…。

なにこれ、「エラーが発生しました」って。

1回、消えて。

もう1回、同じ文面を思い出しながら、書いて、送信して、

消えた……。

非公認教習所のことを書こうとしたからかな。

タブーなのかな。

まあ、今度。力が残っていたら、また書こうかな。

2011年11月 3日 (木)

久しぶりに

家のパソコンをインターネット接続しました。

上石神井に引っ越してからはiPhone一本で頑張っていた。

いろいろ検討した結果、イーモバイルにした。

GP02

これをデスクトップパソコンにつないでいる。

デスクトップでも問題なくやっていける。

そして、iPhoneにも接続できるのだ。

お得。

iPhoneの料金プランも見直せば、かなりお安くなる。

てか、家のパソコンがインターネットできるようになった、ということで、

タイピングの練習も兼ねてこれからはパソコンでここも書いていこうか、と思っている。

私は、タイピングおそい。

うーん、ここまで来るだけでなんだかもどかしい。

まだ何行もいってないな。

キーボードで打っているとなんか、かたことで話しているような気がしてきてしまっている。

ワ、レ、ワ、レは…。

みたいな感じでしかまだうてん。

まあ、いい。

ともかく、慣れだ。

早くなりてえ。

2011年10月14日 (金)

免許

とれた!

10月13日。

7月8日に初めて車に乗ったから、3ヵ月かかった。

だが、数字以上にとっても長く感じた。

嬉しい、というよりも、

「ああ、終わりの日ってやってくるんだな」

って感慨深い思いがした。

「合格予定です」

と言われて、外に出て、

ゆっくり大きく軽く、煙草の煙りをはき出した。

さらば府中免許センター。

2011年9月23日 (金)

ちょっと

前のことだけど、9月の20日に本免許の学科試験合格した!

学科はこれで仮免、本免といっぱつで受かった。

嬉しい、というより今までの苦労を思いおこして疲れを感じた。

長かったな、と。

あとは本免の実技のみ。

やっとここまで来た。

まだ時間はかかるだろう。

やるしかない。

2011年8月30日 (火)

あきらめないで

良かった〜〜〜。

仮免、

合格!!!

実は仮免試験3回も落ちた。

この夏は久しぶりに味わう受験生の苦悩だった。

暑かったけど、俺の心はどんよりよ。

受からないんじゃないか。

金を無駄にしたのじゃないか。

貧乏な私にとっては20万円をドブに捨てるのは本当に痛い。

高い授業料だったな、

そう思うことにするか。

折れそうになる私の心に響いたのは

「あきらめないで」

という第一段階最後の教習の終わった時、私によくついてくれた教官の言葉だった。

響いたのはその教官が今まで聴いたことのない音で発した言葉だったからだが、

その教官のもつ本当の音、

というか、

「もちろんあきらめないっす!」

アホな私は速答したが、

これから私が体験するであろう苦難の日々も想像できた。

私が試験に受からない、ということを試験官はわかっていたということ。

俺はこれから何度も落ちてへこんだ毎日を暮らすであろうということ。

そのとおりになった。

やっぱりなりましたよー。

でも踏ん張れたのは

教官の「あきらめないで」

という言葉を忘れてなかったからですよー。

頑張っていればいつか結果がでる。

基本だが、今日久しぶりに実感したよ。

今日も朝から動きまわり、

疲れに疲れた。

だけど、

この前とは違う疲れよ。

夏はもう終わったな。

べっとり汗はかいたけど吹く風は心地よく感じたのだ。

ありがとうございました。

«